法に関する悩みは弁護士へ相談しよう

法に関する悩みは、素人が自分で解決できるものではありません。問題を長引かせるだけでなく、不利益を被ることもあります。法に関する専門的な知識を持つ弁護士に相談するほうが、より円滑に問題を解決することができます。

弁護士と混乱しやすい?行政書士と税理士の違い

行政書士は書類の作成

行政書士は行政機関に提出する書類を作成したり、契約書の作成を代理で行ったりすることが主な業務となります。具体的には、新車購入の登録や飲食店開業の許認可、外国人の労働ビザなどです。そのため、行政書士は書類作成のプロフェッショナルであると言えます。

税理士は税のプロフェッショナル

税理士は税務整理や税に関する書類の作成、税務相談などが主な業務となります。所得税や法人税、相続税など様々な税に関する専門的な知識を持ち、スムーズに納税できるようサポートしてくれます。また、税理士は行政書士の仕事も担うことができます。

実績で選ぶのがコツ

弁護士は法に関する様々な問題を解決してくれますが、交通事故が得意である、フランチャイズ契約の知識が豊富であるなど、得意分野があります。そのため、自分が依頼したい案件において実績の高い弁護士を選ぶのが賢明です。

こんなときは弁護士に依頼したほうがいい!TOP3

弁護士バッジ
no.1

交通事故の賠償金の請求

交通事故の賠償金の基準は、自賠責保険を基準にしたものと弁護士を基準にしたものがあり、金額が大きく変わります。自賠責基準では最低限の賠償金しか保証されませんが、弁護士基準では自賠責基準の倍以上の適切な金額が保証されます。

no.2

フランチャイズ契約に関するトラブル

フランチャイズ契約においては多くのトラブルが発生しており、契約の内容を細かく見直さねばならないなど素人にはわかりにくい部分がたくさんあります。フランチャイズに精通した弁護士に任せる方が、本部とのトラブルなども円滑に解決できます。

no.3

借金に関するトラブル

金額が大きく膨らんだ借金は雪だるま式に増額していくため、弁護士に相談するのが賢明です。借金の金額が適正であるか、過払い金がないかなども調べてくれるため、借金自体が減らせることもあります。また、無理のない返済ができるよう取り計らってくれます。

交通事故の悩みは一人で抱え込まないで!弁護士なら解決できる

男性弁護士

まずは無料で相談できる場合も

弁護士に依頼すると料金がかかりますが、良心的なところは無料で相談を受け付けていることもあります。相談内容の合わせたアドバイスしてくれる他、間に入ってくれて解決へと導いてくれることもあるでしょう。また、経済的に余裕がない人は、法テラスと契約している弁護士は3回まで無料で相談が受けられるなどのシステムもあります。まずは、このような無料相談を利用して、問題を解決するにはどのような行動をとればよいのかを把握してから、弁護士選びをすると良いでしょう。オンライン上でも無料で利用できる法律相談もあり、それぞれの分野に特化した弁護士が見つけやすいというメリットもあります。