HOME>レポート>債務整理で借金の不安を解消!大阪の弁護士が助けの手となる

債務整理で借金の不安を解消!大阪の弁護士が助けの手となる

男性

返済の出来る借金かが問題

借金の返済がままならなくなり、債務整理を行う必要が考えられるようになった時には、自己破産が出来るのか調べるべきです。自己破産が認められると、資産が没収されたり、就けることの出来ない職業が出来たりとか、ローンやカードなどはある程度の期間において利用出来なくなるなどのデメリットが生じます。その代わりに借金の全てが免責されることになり、新たな生活の第一歩を踏み出すことが可能になります。3年間で返済が不可能となる人には、可能となるので大阪の弁護士に相談されると良いでしょう。この自己破産が無理と考えられる人には、任意整理であり個人再生と言った方法を選ぶことになります。これらの方法は、支払い期間に猶予をもらうことや、減額や利息を少なくしてもらうなどのものです。

弁護士バッジ

資産の残る整理方法も

借金の支払いが出来なくなり債務整理を行えた時には、借金が全てなくなるとか借金の一部が免除されることで月々の返済が楽になります。債務整理には悪いイメージがつきがちですが、いつまでも借金に苦しむことから解放され、家族にも迷惑を及ばすことを避けることが出来ます。自己破産などの債務整理を行うと、資産が全てなくなってしまうことにもなりますが、個人再生などを行った時には住宅を残すことが出来ると言ったことにもなります。債務整理の方法次第では、借金もなくなる代わりに資産もなくなる場合がある一方で、借金の額を減らすことで資産を守ることも出来る場合もあると知っておくべきです。自分がどの方法を選択すると良いのか判断が付かない時には、大阪の弁護士に相談すると良いでしょう。