HOME>口コミ>家族信託を行えば財産管理も安心!相続トラブルを未然に防ごう

家族信託を行えば財産管理も安心!相続トラブルを未然に防ごう

法律書

家族信託は締結すればすぐに実行となるため、将来の財産管理の不安もなくなり安心できます。司法書士などプロに相談するとスムーズに手続きが済みます。実際に家族信託を行なった人の話を参考にしてください。

みんなの声

高齢のため司法書士を通じて家族信託をすることにしました

家族信託を選んだのは、自分が高齢になり、先祖代々受け継いできた土地や家屋をどうやって孫の代まで受け継いでもらえるかを考えたからです。まだ健康面は問題がなく元気ではありますが、子供たちは全員結婚して県外に家を構えていて、相続すればすぐに処分してしまうのではないかという不安があります。夫は亡くなっており、遺言では子供が相続した後、どうするかまでは指定できないと知りました。ただ、司法書士の先生に伺ったところ、家族信託を活用すれば、処分を防いで孫のその先の代まで承継する仕組み作りも出来るということでした。そこで親戚と相談して、土地と家屋を信託財産にして、死亡したときは子供は受益者として信託財産を利用することはできても、売却することはできないようにしました。これでやっと重い肩の荷が下りた心持ちです。
[70代/女性]

相続トラブルを避けるために家族信託を利用することを決断

定年を迎え、司法書士と相談して遺言の代わりに家族信託を活用することを決断しました。遺言は本人の独断ですし、死亡後に効力を発揮するので見届けることもできません。指定された側が放棄すれば、何もなかったことにもされてしまいます。相続人が集まって言い争うドラマなどがありますが、万が一にも相続トラブルが起こらないようにするためにも、家族信託は役立つと思いました。信託なら受託者も納得して契約を結べますし、すぐに実行されますから自分の意思が実現されるのを確認することができます。今はまだ若いつもりですが、この先、万が一認知症にならないとも限りません。この年で遺言を書くのはかなり気が重いですが、信託契約なら前向きに考えられますし、それでトラブルの芽を摘むことができるなら何よりです。
[60代/男性]